ラングリッサーモバイル

シリーズ待望の新作!

  • オリビエ
    レア度:SR
    突拍子もない言動で人をケムに巻くことが多いが、鋭い洞察力を持っている。
    オリビエ
    クラス:吟遊詩人

    自称・愛の伝道師。ピアノからリュート
    まで弾きこなす才能の持ち主。

  • レオンハルト
    レア度:SSR
    結社の執行者No.II。アッシュブロンドの髪と、クールな美貌を持つ青年。
    レオンハルト
    クラス:修羅

    「ハーメルの悲劇」を契機に「身喰らう蛇」
    に身を投じ、修羅の道を歩み始める。

  • レン
    レア度:SSR
    イタズラ好きでおませな少女だが、身の丈ほどもある大鎌を振るう。
    レン
    クラス:執行者(ウィザード)

    結社の執行者No.XV。巨大戦闘人形
    《パテル=マテル》を使役する。

  • エステル
    レア度:SSR
    遊撃士協会の正遊撃士。S級遊撃士カシウスの娘。身の丈以上の棍を使用して戦う。
    エステル
    クラス:桜花無双

    強く美しく、そして光に満ちた、
    隙のない無双の戦士。

  • ヨシュア
    レア度:SSR
    遊撃士協会の正遊撃士で、S級遊撃士カシウスの養子。双剣を使い戦う。冷静沈着で頭が切れる。
    ヨシュア
    クラス:シャドー

    影の道を極めし者。
    その絶技を追えるものはいない。

  • クローゼ
    レア度:SR
    リベール王国ジェニス王立学園の生徒。いつも白ハヤブサの「ジーク」と一緒にいる。クローゼにとっては友人であり、彼女のために偵察や情報収集もする。
    クローゼ
    クラス:リベールクィーン

    愛溢れるリベールの女王。
    王国の頂点に立つ、威厳と高潔さの化身。

  • ランフォード
    レア度:SSR
    レーゲンブルグ連邦王国将軍。貴族出身で文武両道であるが、誰に対しても平等に接するため、人望も厚い人物。
    ランフォード
    クラス:剣聖

    磨き抜かれた剣術のみで、
    強靭な攻撃で敵を殲滅する。

  • ゼルダ
    レア度:SSR
    白い肌の魔族の少女。聖剣と魔剣の戦いに於いて、重要な鍵を握る。
    ゼルダ
    クラス:暗殺者

    風の如く敵を滅する暗殺のプロ。
    いかなる守備の敵でも確実に息の根を止める。

  • ジュグラー
    レア度:SSR
    不思議な見た目の光の聖獣。ルシリス・ゲート西門の守護者。
    ジュグラー
    クラス:バハムート

    竜の幻獣の最終形態。その魔防結界
    能力は、軍勢の大きな助力となる。

  • エルウィン
    レア度:SSR
    光輝の末裔一人で大陸を旅をする者。
    エルウィン
    クラス:ヒーロー

    勇気に溢れ、敵と果敢に戦う事に使
    命を持つ、正義の化身。

  • レオン
    レア度:SSR
    光輝の末裔の一人で、剣術に長け、一流に智謀知略を備えている「大陸最強の騎士」。
    レオン
    クラス:ファイター

    磨き抜かねた剣術のみで、
    強靭な攻撃で敵を殲滅する。

  • シェリー
    レア度:SSR
    光輝の末裔の一人でカルザス王国の姫。
    シェリー
    クラス:ドラゴンマスター

    勇敢なドラゴンを率い、
    単独でも実力を発揮できる。

  • ラーナ
    レア度:SSR
    リアナの双子の姉で、リアナとは対照的に闇の力を纏っている。
    ラーナ
    クラス:ダークプリンセス

    魔族を従え、
    強力な魔術をいとも簡単に操る。

  • ボーゼル
    レア度:SSR
    混沌の王カオス復活のためであれば、手段を選ばない闇の王子。
    ボーゼル
    クラス:デスロード

    生命を司る死神で、
    己の存在が周囲を脅かす。

《ラングリッサーⅠ》

発売:1991年

プラットフォーム:メガドライブ、PCE、PC、i-mode

聖剣ラングリッサーを狙うダルシス帝国によって滅ぼされたバルディア帝国。王国の王子レディンはラングリッサー奪還と帝国打倒のために戦いを繰り広げる。

《ラングリッサーII》

発売:1994年

プラットフォーム:メガドライブ、SFC、PS、SS、PC

旅人のエルウィンは、レイガルド帝国兵に襲われていた少女リアナを助ける。リアナを守るために戦うエルウィンは、やがて帝国との戦争に身を投じることになる。

《ラングリッサーIII》

発売:1996年

プラットフォーム:セガサターン、PC、PS2

豊かだったラーカス王国は、リグリア帝国の強襲によって滅亡の危機に瀕してしまう。王国復興を志す騎士ディハルトは、帝国や闇の勢力を交えた戦乱に巻き込まれていく。

《ラングリッサーlV》

発売:1997年

プラットフォーム:セガサターン、PS

ゴタール村住むランディウスはレーゲンブルグ連邦王国の「賢者の水晶」を奪われる。命からがら逃げ出し、やがて両国の戦争に巻き込まれていく。

《ラングリッサーⅤ The End of Legend》

発売:1998年

プラットフォーム:セガサターン、PS

ギザロフ宰相の反乱によって混乱するレーゲンスブルク連邦王国。ギザロフによって作り出された人造兵シグマは戦乱の中で自分の正体と、世界の秘密を知る事になる。

《ラングリッサー モバイル》

発売:2019年(日本)

プラットフォーム:SP

ラングリッサーVの大戦後、連邦政府は国の建て直しと繁栄を進めていました。エルサリア大陸のカルザス帝国との友好関係を築き、大陸には平和が戻ったが、聖剣ラングリッサーは激しい戦争により、壊れてしまう。聖剣の鋳造と光輝を闇から守るための戦いが『光輝』、『闇』、『帝国』の3大勢力によって始まる。